33.西日本の人口減にもっと危機感を〜国勢調査の結果から

  2000年国勢調査の速報値が発表されたが、
結果は、東京圏一極集中が怒濤のように進んでいる、
そして、西日本が悲惨なことだ。
人口がマイナスとなった24道県のうち16県が関ヶ原以西の24府県からである。
全国平均を上回る増加があった10都県では、西日本からは、滋賀県のほか、
九州にあって一人勝ちで発展する福岡、あとは、
震災の後遺症が癒えて住民が帰ってきた兵庫と、
出生率が異常に高いという特殊事情の沖縄県だけである。

  近畿地方では、和歌山と大阪の長期低落傾向に歯止めがかからないだけでなく、
戦後、ほぼ一貫して人口流入地域だった奈良県が社会減となった。
もう、大阪経済は奈落の底に真っ逆さまである。

  はや、東京対地方とかいうより西日本問題の深刻さこそ、
政治課題としても認識されるべきであろう。s
西日本の政治家は何をしているのだろうか!!!!!!!
この結果についての分析は、あらためて、いろいろやってみたいが、
たいへん興味深いものであるので、
ぜひ、みなさんも以下のホームページにアクセスしてもらいたいと思う。
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/youkei/3.htm#2

32.井伊大老について皆様のご意見を   MENU   34.「首都機能移転構想研究会」報告
全文の紹介
© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.