53.新指導要領は公教育への死刑宣告

 学校が完全週休二日になることを機に、2002年から新しい学習指導要領が導入される。
授業時間数が減らされることはやむを得ないとしても、
教える内容が三割もカットされるという暴挙である。
そうでなくても学力低下が心配されているのに、この新しい指導要領が実施されると、
国民の知的水準は大幅ダウン必至とみられる。

 とくに、この新しい指導要領をそのまま実施することになる公立校は、
悲惨な状態になると見られる。
明治以来、日本を支えてきたすぐれた「公教育」は文部科学技術省の手によって
死刑宣告されようとしているといっても過言でない。

 これに対して、各方面から緊急提言が相次いでいるが、
このほど、京滋地域で学習塾を広く経営している「成基コミュニティ」(佐々木喜一代表)が
すばらしい意見広告を京都新聞紙上に掲載した。
ホームページでも読めるので、リンクしておいた。
ぜひ、読んでいただきたい。
http://www.goalfree.ne.jp/seiki/column002_01.html

52.自殺の急増と子供たち   MENU   54.建国記念日・天皇誕生日をやめて
2月11日を皇室の日に
© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.