75.首相になりたければ自分で手を挙げろ

  森降ろしはみんなで大合唱だが、後継はあいかわらず五里霧中。
だいたい、候補者がみんな俺はないといっているのはおかしい。
総裁選をいつやるかはともかく、いま、自分で手を挙げた者以外は失格にすべきだ。
野中、小泉、橋本、野田、堀内、山崎、高村等々いろんな名前が挙がるが、
それぞれが何をやろうとしているのか誰も分からない。
それでは政策論争もできないし、
ひいては日本経済を誰が一番立て直してくれるか判断しようがない。
自分で手を挙げないからそういうことになるのだ。
政治家はやりたいならやりたいというべし。
やりたいというといじましいという風土はいかがなものか。

74.千葉知事選挙について   MENU   76.私の花粉症撃退法
© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.