85.大阪にもの申す(1)〜悲喜こもごもの4月

  USJのオープンで華やかな雰囲気はあるものの、
三井住友銀行の発足で住友銀行本店が大阪からなくなり
株主総会も東京で開かれることになった。
さくら銀行も、神戸銀行の系譜を引くことを考えれば寂しい限りである。
しかし、関西財界も、行政もこれを、何とかならなかったのだろうかとか、
真剣に事態を危機として受け止める気があるのだろうか。
本店が大阪にあればこそ、挽回も可能だが、それも東京に移るのでは、
天地異変か首都移転でもないと手の施しようがない。

  すでに、紹介したように近畿地方でも京滋はそこそこ頑張っているとはいえ、
大阪の凋落は頭から奈落の底へ直行の趣き。
第三セクター事業のUSJは客を集めるだろうが、
それが起爆剤になって効果が出ない限りはそれだけの財政資金を投入した以上は
プラスとすらいえないだろう。

  そんなことを考えながら、これから時折、大阪の問題をまとめて採り上げたいと思う。

84.米国京都議定書から離脱へ

  MENU   86.口蹄疫が日本で流行したら
準備万端?
© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.