137.西日本の盟主としての責任を放棄する大阪の未来はない

  金曜日に書いたように、同じ大都市でも東京だけが優遇されて、
大阪、愛知、神奈川、千葉、埼玉などはひどく国から冷遇されている。
ところが、塩川財務大臣をはじめ大阪の政治家も行政も財界も、
「大都市に財政支出を」といって東京の尻馬に乗っている。

  小泉内閣の東京一辺倒の政策の中で、
ほんの少しだけささやかなお菓子の臭いをかがされていじましいことだ。
大阪は「地方代表」「西日本の盟主」としての役割を放棄している。
こんなことでは、西日本各県も東京直結を目指したとしても身から出た錆だ。

136.「怒れ!東京人」「税金を地方から
奪い返せ」論の幼稚さ
  MENU   138.本四架橋無料化を提言する
© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.