252.高知の収入役横領事件

高知県土佐山村の前収入役(74)が村の事業に使うと偽り、
村長の公印を勝手に使って金融機関から借り入れるなどした約15億円を不正流用し、
大豆の先物取引や競輪につぎ込んでいた事件について、
村では金融機関に対する返済義務を否定しているが、無理な主張だろう。

  村では職員の給与を下げるほか、トイレ掃除や夜警なども職員がすることにして
経費削減につとめているそうだ。

  このところ、自治体でもアウトソーシングを進めるところが多いが、
財政難解消のためにアウトソーシングとは見当はずれも甚だしい。
職員退職を含むリストラがやりにくい自治体ではむしろ反対に
これまで外務に委託していた仕事も内部でやるのが合理的でないのか。

  ちなみに土佐山村は高知市の北約15キロにあり、梅の生産を中心にした農業が主産業。
人口約1300人で、高齢者が約3分の1を占めている。

251.黒竹節人と京都の町屋 MENU 253.京都府の知事選挙に思う
© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.