261.抵抗勢力はレジスタンス勢力を名乗れ

  小泉さんと抵抗勢力がどちらが正しいかと簡単には割り切れない。
どちらにも正しいこともあり間違っていることもあるから私はどちらにも与したくない。
ただ、小泉さんが「抵抗勢力」という言葉を使い
マスコミもそれを無批判に使うことはおかしいと思う。
「抵抗勢力」という言葉にすでにネガティブなニュアンスが含まれており、
客観性と公正な判断を阻害するからである。

  しかし、抵抗勢力の人たちは一層、この呼び名を逆手に取ったらどうか。
抵抗といえばフランス語や英語でいえばレジスタンスである。
「独裁と経済破壊に反対するレジスタンス」を高らかに唱えてはどうか。

  かつて、ドゴールが復帰して政権についたとき、
その独裁主義的なやり方に反対する人たちが「ジャン・ムーラン・クラブ」という
レジスタンスの英雄の名前を取ったグループを形成してバランスを取った。
そういう気持ちがあって良いのではないか。

260.小泉支持率が下がる
二つの可能性
MENU 262.室町を歩く
© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.