280.農水省は信用できないのでなく存在しないのだ

  雪印食品問題は徐々にほかの業者も含めて買い上げ体制などが
いかにいい加減であったかを暴露しつつある。
ここで思うのは、農水省は国民のことを考えていないとか何とかいうことでなく、
行政機関としての責任感も何もなく、業界の意向だけを忠実に実行する組織だ
ということである。
彼らは「ワル」でもなんでもない。
まっとうな官僚組織として存在しないというべきなのだ。

279.スター不在の冬季五輪 MENU 281.外務省改革案に疑問
© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.