300.「宗男たたきの次は北朝鮮か」

  北朝鮮による拉致疑惑が新たな展開を見せており、なんとか無事帰国できるように的確な行動を望みたい。しかし、気になるのが発表のタイミングである。よど号関係者が告白したというがごく最近のことでもないらしい。ということは裏がありそうだ。どうも、鈴木宗男とロシアとの関係をついて、「他国のために口利きをするのは売国奴」という認識をつくりあげ、親北朝鮮政治家をたたこうということでないか。私は国と国の関係が悪いときに、安全弁として、そうした国と親密な政治家がいることを一概に無意味と決めつけることには疑問を持つ。日中国交回復でもそうした政治家のお陰で道筋が付いたのだし、現在の台湾派、北朝鮮派などにもそれぞれ存在価値がある。鈴木宗男の悪さぶりはひどいものであるが、どさくさに、「鈴木宗男が悪いことをやっていた」ということを、「鈴木宗男がやってたから悪いこと」とひっくり返して、別の目的に利用しようという人たちがいるのには騙されてはいけないのでないだろうか。
ブッシュの「悪の枢軸」論に基づいた火遊びの片棒をかつぐことになりかねない。
 

299.平安京の道と現在の道路 MENU

301.米国の核先制使用の可能性

© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.