310.「地方選挙では国政と関係なく投票すべきだ」
   横浜市長選挙を皮切りに補選や首長選挙が続く。政局の動きに大きな影響有りというような報道もあるが、支持する政党の構成がまったく違うのに、十分に区別を説明せずに一緒くたにする選挙報道には疑問を感じる。
  全野党共闘的になりそうな徳島県、与野党相乗りに共産党が挑む京都府、民主が分裂している横浜市、自民・民主・共産の対立になりそうな新潟補選では結果が意味するところがまったく違う。
 自民と共産については立場は明らかだが、民主や社民にとってはさまざまだ。自民と民主がともに推薦した候補が負ければかえって「野党共闘にひび」ともいえるし、自共対決は自民党永久政権にとってもっとも有利に働く。
 自民党が推薦している候補が勝つか、共産党が推す候補が勝つかで何勝何敗と数えるような報道の仕方はフェアでない。
 そもそも、地方自治の課題は中央とはまた別のものだ。また、住民にとって生活に国政より大きな影響を与える首長選挙を国政にどういう影響を与えるかで判断すべきでない。
 小泉首相を支持するから市長も自民党が推す候補をというとか、鈴木宗男が嫌いだから自民党の推薦する知事候補に投票しないとかいうような浅はかなことをして本当に自分たちの町や地域のために最良の選択をしないのでは後悔するだけだ。
309.公設秘書の給与 MENU

311.奈良が面白い(ならまち)

© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.