315.「田中真紀子問題の核心は越後交通だ」
   ほとんど予想されていたことであるが、田中真紀子氏の秘書給与ピンハネ問題を週刊誌が取り上げている。
 しかし、これは田中真紀子という「黒い相続人」、汚れた政治家の問題の氷山の一角である。いうまでもなく、越後交通は田中グループの中核企業であり、田中金脈事件を背負っている。田中真紀子はこの父親の遺産をしっかり継承し、父親の出身地である西山町でなく、利権の中心地であり、越後交通の本拠がある長岡を含む選挙区を選んで政治活動を行っている。
 しかも、この路線バスなど公益事業を行い、しかも、赤字企業であるこの企業を、経営者が私物化し、自らの政治活動のために多額の出費をさせるなど許されるものでないし、明らかに違法である以上は、背任の疑いが濃い。
 国家老といわれた高齢者の本間氏を政策秘書としたことも、違法といえるかどうかは別として、また、ピンハネしたかどうかを別にしても妥当性に問題がありすぎる。
 また、ピンハネした資金が、相続税支払いなど、私的な目的に使われていなかったかも検証する必要があろう。
 秘書給与にまつわる問題はまだまだ続出しそうだし、もうどうでもいいといった観があるものもあるが、田中真紀子氏をめぐる問題はそんなになまやさしいものではない。

314.雪舟展に行って来ました

MENU

316.京都府知事選挙と石原知事の応援

© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.