383.祇園祭宵山とお囃子とジャズ
 祇園祭の宵山は台風にたたられたがやっぱりいいものである。今日は宵山に関する音の話題をふたつ。

 池坊学園の学生などがやっているお囃子がある。プロの音楽家が厳しい指導をしているのだが、さすがに音楽という感じ。少々興奮するくらいに素晴らしかった。ほかにも壬生狂言と同じ人たちがやっているところとか立派なものがある。それに対して、およそ熱も技術もない形だけのところもあって、祇園祭が全国第一の祭りであり続けるためには、音楽面のレベルアップも必要なのでないかと思う。時代祭でも同様で、先頭の山国隊の鼓笛隊などもう少しなんとかならないか。

 
 三条室町の角の呉服問屋の店先でジャズのライブをやっていたが、大音響が数百bにわたって鳴り響き祭囃子も屋台の声などお祭りらしい街のざわめきも全く聞こえなかった。ちょっと企画のセンスを疑う。

382.47都道府県高校事情

MENU

 384.フジモリはいずれ復権するだろう

© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.