396.「マレーシア報告A〜新首都」
第二日
 
  朝食時にジェトロの篠原所長が訪ねてきてくれたので、お話を聞く。朝食は前夜と同じバイキング。内容もああまり変わらない。
  午前中は首都機能移転地プトラジャヤを訪問。クアラルンプール市内から20qほど離れている。距離感からすれば、ローマのエウルや韓国のソウル郊外の行政ゾーンと同じくらい。
  連邦行政センターという名称で、行政府だけが移り、国会や王宮はクアラルンプールに置かれている。河川をせき止めて人造湖をつくりそのまわりに中心に内閣府があり、そのまわりに各省庁が並ぶ。日本の都市で似ているところを探すのは無理だが、官庁街については東京の赤坂見附から四谷あたりの外堀沿いにホテルや大学が並んでいるのに近い密度である。総理官邸は湖の反対側にある。そのほか、人造湖の沿岸には巨大なモスクがあって都市景観のシンボルになっている。このほか、国際会議場や王宮(正式の王宮はクアラルンプールにあり小規模な滞在所のみが置かれる。日本の首都機能移転問題の参考にもなるだろう)がアクセントを添える。
  このプトラジャヤについてはいずれもう少し詳しいレポートをするが、混迷する日本の首都機能移転地のイメージとしてたいへん示唆を与えるのでないか。
  昼食は世界第三位の高さのクアラルンプール・タワーで。昼間見るとさほど美しくないが夜は宝石のように輝く。

395.「マレーシア報告@〜出発」

MENU

397.「マレーシア報告B〜ドリアンに感激」

© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.