426.JR九州の乗り換えの便利さに感心
    講演会で熊本と八代に行って来た。京都から博多乗り換えで4時間と少し。だいぶ、便利になった。とくに、九州内では新幹線の最終や始発と在来線の乗り継ぎが深夜、早朝でも可能なのが嬉しい。夜の1時過ぎとか朝4時台に熊本に着くというのが可能なのだ。これはJR西日本、東海、東日本も見習って欲しい。
 講演のタネは小泉改革が主題で、結論からいうと、小泉首相である限り地方に希望はないというか、地方潰しは確信犯的に行われているというものである(その理屈は明日掲載する)。それにおまけは北朝鮮と宇多田ヒカル(熊本出身の男性と結婚)。北朝鮮の話はたいへん受けた。マスコミで優勢な感情優先論とは180度違うが、じっくり話すと誰もが分かってくれる。
 熊本城に久しぶりに上ったが、復元工事が着々と進行中。地方の文化遺産の充実に京都なども負けておれない。

425.海外ニュースとプライバシー

MENU

427.小泉改革の地方潰しのメカニズム

© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.