25.ちょっとへそまがりな日本国内10大ニュース

あちこちで今年の10大ニュースが発表されているが、ここでは、一過性の華々しい事件より、
未来に大きな影響を及ぼしそうなことを重点に選んでみる。
本日は今年の日本、明日は世界、そして、新年には、20世紀の10大ニュースである。

(1)介護保険制度スタート
無策に膨らむ一方だった福祉政策にようやく前向きの新しいシステムが導入された。

(2)大阪府に女性知事誕生
なんといっても女性がこれほどの大組織のトップに立ったことはなかった。

(3)IT革命
遅ればせながら官民上げてIT後進国からの脱却へ。

(4)ようやく景気回復か
必死の景気刺激策が実って脆弱ながらもプラス成長へ。

(5)大型合併
旧財閥系列などを超えた大産業再編成がようやく軌道へ。

(6)雪印事件と三菱自動車リコール隠し
優良超大企業がまったく信用できないことが分かった。

(7)17歳の犯罪がニュースに
たしかに17歳の凶悪犯罪が目立った。

(8)シドニー五輪で女子マラソン金メダル
全般的に女性が強かったが、マラソンの優勝はオリンピックの華である陸上競技で
戦後初めての金メダルというだけでも値打ち有り。

(9)沖縄サミット開く
サミットの地方開催、そして、琉球王国という国の存在に日本人が気づいた。
二千円札はお粗末だったが。

(10)参議院選挙制度の改正
選挙制度をこれほど党利党略だけでいじくったのは憲政史上最大の汚点。

参考: 惜しくも次点は・・・
(11)にせ出土品事件
行きすぎた考古学ブーム、盲目の郷土史学への警告

(12)フジモリ大統領は日本人
国籍というものの問題を日本人に知らしめた教育効果大。

イチローの大リーグ移籍は、現役ナンバーワン選手がそのポジションにあきたらず
世界へ挑戦という意味で、かなり上位にしたいくらいだが、
これは来年のニュースというべきなので割愛。

どうでもいい話は・・・・
三宅島とか有珠山の爆発は火山国日本ではときどき起きてもびっくりするようなものではない。
小渕内閣であろうが、森内閣であろうがなにもインパクトなし。
2000年問題は騒いだだけ損した気分。

24.相撲協会は公益法人を返上すべき   MENU   26.ちょっとへそまがりな世界10大ニュース
© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.