410.和歌山マリーナシティへ
  今週は夏休みの家族旅行で和歌山マリーナシティへ。かつて博覧会をやったのを機会に整備されたものだが、ロイヤル・パインズ・ホテル、ポルト・ヨーロッパ(テーマパーク)、海釣り公園、紀州黒潮温泉、黒潮市場とメニューは豊富。
 ロイヤル・パインズ・ホテル、ポルト・ヨーロッパはイタリア風が売りだが、こういうのはアメリカ人が設計しないと駄目らしい。そういえば、ウォルト・ディズニーはフランス系米国人だが彼の世界は「現実には存在しないほどフランス的なフランスの田舎の風景」が基本なのだとフランス人が書いているのをみたことがある。
 ロイヤル・パインズ・ホテルの料理のよさは特筆もの。ホテルのレストランという性格上、ややフランス料理の要素も入れているが、南イタリア的な魅力とフランス的洗練を巧妙に両立させていて見事。このラインはどっちもつかずになることが多くて危険なのだが、珍しく成功しているのに感心。
 ポルト・ヨーロッパは写真をとるのによいスポット多し。海釣り公園では「親子釣り教室」でサシキという方法に子どもたちが挑戦。小さな籠にプランクトンのようなものを入れて投げ込み、それを五連の針で引っかけるのだが天候にも恵まれて子どもたちでもアジやイワシがどんどん連れた。
 黒潮市場では、買った素材を大型のバーベキュー設備で焼いて食べるのがダイナミック。

409.サマー・ファッションに絹を

MENU

 411.松下政経塾・政経研究所で地方制度研究スタート

© 2001 Kazuo Yawata . All Rights Reserved.